FC2ブログ
ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:18:52
動画の続きです。
[広告] VPS


[広告] VPS




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]


Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:6│ トラックバック :--
11:36:19
先日のご調教の動画をアップしました。
[広告] VPS


[広告] VPS




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:6│ トラックバック :--
10:08:24
後ろで縛った腕を吊り、アナルフックと鼻フックをした姿が好きだ、という話を清流様がしたところ、簡易ですがご主人様が同じような姿に拘束してくださいました。
そしてこの格好でご奉仕させていただきました。
この時は吊られているわけではないし、手首だけしか拘束していないのである程度自由が利く恰好でしたが、それでも後ろに回した腕は痛く痺れてくるし、腰も痛くなってきます。
これをちゃんと縛られて吊られたらかなり辛そうだと思いました。
IMG_8450s.jpg P8040024s2.jpg


休憩のあと、貞操帯を着けられました。
中にはバイブが仕込まれています。
そして、胸には新しい道具。。
小さな舌の形をした電動アタッチメントが吸引された乳首を舐めまわします。
最初はもの珍しさが勝っていましたが、だんだん気持ち良くなって体が熱くなってしまいました。

ベッドに寝かされ、体中を刷毛やバイブで撫でまわされます。
そして電マではクリを。。
この時はもう嫌、というほど逝かされました。
P8040031s.jpg P8040034s.jpg P8040036s.jpg

その後は画鋲責めが続きます。
まず胸に画鋲ブラを着けます。
時々確かめるように画鋲を押さえつけながらお腹にも順に画鋲ベルトを着けていきました。
そして鼻フックと口枷を付けられ、画鋲の上から鞭打ちです。
途中、口枷を取りマスクを着け、舌をクリップで挟まれました。
舌をクリップで挟まれるのは苦手です。痛さも苦手ですが涎が垂れて気持ち悪い。。

この日の鞭は画鋲が突き刺さるほど強くはありませんでしたが、やはりとても痛いです。
とても痛いんですが、辛さは感じませんでした。
気持良いわけでもないんですが、痛みを与えられていることを嬉しく感じていました。
P8040046s2.jpg P8040049s.jpg P8040051s.jpg 
この後、ご褒美に入れてくださいました。
腰を振りながらも画鋲ベルトを押さえつけ、痛みの中で快感を求めていきました。
P8040054s.jpg P8040056s.jpg

今回は久しぶりのご調教で、楽しみでもありましたが、体がなまって痛さに耐えられないのではないか、感じられないのではないか、と不安がありました。
でも始まってしまえば不安を感じていたことすら忘れてしまいました^^
それに、いつもそうですがご主人様は私の様子をしっかり見て責めて下さっているのを感じるので、安心して身を委ねることが出来ました。
ご主人様の真性マゾであることを実感出来て嬉しかったです。




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:10│ トラックバック :--
11:43:50
ご主人様(Y様)とお逢いしてきました。
いつものように清流様を含めた3人です。

この日の服装は自分で作った、ハイウエストで切り替えたタイトなカシュクールワンピでボレロ付き。
サテン生地でちょっとフォーマルっぽい雰囲気です。
下着は同じ生地で作った三角ブラとTバック型のもっこ褌風ショーツです。

喫茶店で待ち合わせ、以前作ったワイヤーの首輪をつけて戴きました。
そしてそのまま昼食を買いにショッピングセンターへ。
毎回首輪を着けたまま買い物に行き、ホテル(ラブホではありません)へ行きますがやはり慣れることはないですね^^;
頭に膜が貼って意識がそこにない、地に足がつかない感じがします。

ホテルに着くと、まずボンデージ姿に着替えました。
そしてご主人様が用意してくださった新しい道具を渡されました。。手触りがぷにぷにのバイブです。
バイブはもう一種類。それにはクリを刺激する突起がついていました。
バイブが苦手な私ですが、突起付きのバイブではとても感じてしまいました。
突起付きバイブで感じていると、アナルにも入れるようにともう一本バイブを渡されました。
そして2本のバイブを使ってのオナニー。。
正直、この時はバイブがぬるぬると滑って支えるのに必死で、あまり感じる余裕がありませんでした^^;

でも、ご主人様がクリップを付けだしたら、その痛みと同時に快感も感じるようになって。。
前と後ろにバイブを入れ、クリップを付けられて鞭で打たれる。。
その姿に酔ってしまっていた気がします。
P8040005s.jpg P8040010s.jpg P8040013s.jpg

鞭は軽めでそのあとはバイブを入れながらのご奉仕です。
やはり私は単細胞なのか二つ同時進行では感じられないようです^^;
ついご奉仕に夢中になってしまいました。
そしてご主人様に跨り、入れさせていただきました。
この時は懸命に腰を振って感じるというよりも、ご主人様につねられた乳首の痛みと、私の中のご主人様を感じていました。
P8040015s.jpg P8040018s.jpg



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:14│ トラックバック :--
プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション
ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。
カウントダウン&アップ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
1クリック募金
クリックで救える命がある。
読者アンケート
アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。
リンク
このブログをリンクに追加する