FC2ブログ
RSSはこちら

【sow slave minami】 in Public

ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。

  • 2016⁄09⁄27(Tue)
  • 09:38

調教日記 9月の動画(2)

先日の動画は残念ですが凍結されてしまったようです。
今回はどうでしょうか。

5方向の鼻フックと開口器を付けられて。。
[広告] VPS





ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]

category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄09⁄24(Sat)
  • 10:30

調教日記 9月の動画

画鋲ブラを着けてうつぶせに寝かされた状態で蝋燭を垂らされました。
画鋲の痛さよりも蝋燭の熱さの方が辛かったです。


その後、色々な種類の鞭で蝋を落とされました。
時々背中をぐりぐりと踏みつけられ、画鋲ブラの存在を実感させられます。




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄09⁄20(Tue)
  • 11:50

調教日記 2016年9月(2)

昼食後、画鋲ブラを着けた上からラップでぐるぐる巻きにして押さえつけられました。
そのままうつぶせに。。自分の体重で胸を押さえつけることになりますが、さらに足で踏みつけられ画鋲が食い込むのがわかります。
P9170075s.jpg
お尻の部分だけラップが破られ、そこに蝋燭です。
お尻は特に体温が低いせいかより熱く感じます。
ついもがいてしまいますが胸を押さえつけられたままもがくと画鋲が食い込んで胸も痛くなる。。
蝋を鞭で落とすときも同じ。。それでもついもがいてしまいます。
P9170076s.jpg P9170079s.jpg P9170084s.jpg
上向きに返され、今度は直接画鋲ブラを踏みつけられました。
これは力が集中するのでとても痛かったです。
でも出血はありません。おっぱいにハリが無いせいでしょうか、深く陥没はしても皮膚を破ってはいませんでした。
P9170090s.jpg P9170092s.jpg
最後にアナルを使って戴きました。
Y様にまたがり、指で前を開いてご主人様に見て戴きます。
とても動き辛かったですが一生懸命腰を振りました。
でも立ち上がってからはただ快感に身を任せ一気に駆け上がってしまいました。
そして最後に舐めさせていただいている時もまた感じてしまって逝ってしまいました。
P9170101s.jpg P9170107s.jpg P9170114s.jpg

今回はご調教戴く1か月も前からY様のマゾ牝になること、真性マゾになれるようにとご主人様からご調教を受けておりましたので、ご調教がとても楽しみで待ち遠しい思いをしておりました。
そしてY様からはGスポットの開発の指示を受け、毎晩訓練をしておりましたので、その成果も確かめたいという思いがありました。
そのどちらの思いも満たされ、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄09⁄19(Mon)
  • 16:41

調教日記 2016年9月(1)

ご主人様とお逢いしてきました。
今回はY様のご調教です。
いつものようにホテルのロビーで待ち合わせ、喫茶ルームで首輪をつけて戴きました。
そしてトイレでローターを装着した後、首輪をつけたまま、ローターの振動を感じながら昼食の買い物に出かけます。
歩いている時のローターはあまり密着していないので割と平常心で居られますが、首輪は目立つのでとても気になります。
ご主人様には平気な顔をして歩いていると言われますが、内心は全然平気じゃありません^^;

ホテルではY様のマゾ牝オブジェとなった姿を見て戴き、ご挨拶のあと四つん這いで散歩です。
部屋を何週か回った後、廊下に。。出そうになりましたが、ラブホテルではなく駅前のシティホテルなので頭を少しのぞかせただけでお許しいただけました。
P9170010s.jpg P9170011s.jpg
Y様にご奉仕させていただきました。
そのあとは開口器を付けられ、鼻フックも3方向付けられて涎がたらたら。。
とても恥ずかしい姿にさせられました。
P9170016s.jpg P9170021s.jpg P9170023s.jpg
その後は定番になった責め。。
錘を付けた鼻フックで鼻を吊られます。
そしてワインを体中に。。
最初は冷たさに体がビクンと震えますが、そのうちに熱くなってきます。
とくにおまんこはワインを吸収してほてっている感じがしました。

そしてこれまで開発を命じられてきたGスポットの確認。
バイブを入れられて場所を確かめるように刺激されます。
バイブは2本入れられ、Gスポットとポルチオの感覚を意識させられ、快感をいっぱい感じさせてくださいました。
でもY様曰く、「まだこんなものではない」そうです^^;
P9170034s.jpg P9170049s.jpg
少し休憩したのちにまた開脚で縛り直されました。
少しお尻が持ち上がるくらい引っ張られた恥ずかしい状態で固定され、手も縛られてしまいます。
この時にはご主人様も手伝われて、なんとなく雰囲気がいつもと違う感じがしました。
アナルを拡げるようにマッサージしたり、アナルとクリを同時に責めたり。。
とても感じてしまいましたが、バルーンを入れてバイブ機能をオンにしたあとは放置状態です。
広げっぱなしの脚がだるくなってきます。
IMG_3986s.jpg P9170064s.jpg
バルーンを入れたまま、何やら準備をしている様子。
戻ってくると、チクッ!?
針を刺されたようです。
でも痛いのは針が刺さる瞬間だけ。
あとは拡げた脚のだるさの方が勝って辛い^^;

針を刺されていることはわかっても何をしているのかよく分かりません。
たまにさらさらと紐のようなものが触ります。
よく分からないまま脚もしびれてきて辛さが限界に。。
ようやく脚だけは降ろしていただき、ホッとしたところでバイブの振動が。
針を刺したままの状態でのバイブ。
痛さよりも恐怖が走ります。
でも針が貫通しているせいかそれほど痛みも強く感じず、快感に身を任せることが出来ました。
P91700672s.jpg P9170072.jpg
あとから教えて戴いたのですが、刺した針にリボンをクロスさせてかけて行き、おまんこを閉じるように結んで飾りたかったのだそうです。
でも針が細くてしなうのでリボンがかけられなくて手間取っていたそうで、結局諦めてしまわれたのだとか。
言われてみれば真っ赤なリボンが置いてありました。。
多分失敗の要因は、1センチ以上ある幅とハリのある生地のリボンのせいだと思います。



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄09⁄06(Tue)
  • 12:15

新作

Y様のマゾ牝オブジェとなるためのアイテム作り。。
今度は首輪です。
最初に作ったのは襟付き首輪。
正面から見ると普通に襟がついているようで首輪っぽく見えません。
でも襟は肩のあたりからで後ろはバックル止めです。
実はこれ、最初にミシンで縫ったのですが、どうしても糸調子が合わなくて片面だけ突っ張ってそっくり返るので結局あとから手縫いで作り直しました。
後ろのバックルのあたりが分厚くてもたついた感じなのでボタン止めにすればよかったかも。。
DSC_0038s.jpg
次に作ったのが棘のついた首輪です。
これはベルト用の革を利用したので簡単にできました。
バックルを付ける部分の革の厚さを漉くことが一番大変でした。
DSC_0042s.jpg
次に作ったのがワイヤーを使った首輪です。
後ろはバックル止めです。
一番の問題は土台の合皮にどうやってワイヤーを固定するか。。
思いつく金具等もなく、結局ワイヤーの周りを縫ってきつく挟んだだけ。
試しに引っ張ってみた時には大丈夫でしたが。。思い切り引っ張ったらすっぽ抜けるかも^^;
でもデザインは一番のお気に入りです^^
DSC_0041s.jpg




ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
手作りグッズ
genre
アダルト
theme
SM全般

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション

ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。

カウントダウン&アップ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

1クリック募金

クリックで救える命がある。

読者アンケート

アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

スライドショー

♪♪♪