FC2ブログ
RSSはこちら

【sow slave minami】 in Public

ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。

  • 2016⁄01⁄25(Mon)
  • 16:21

調教日記 2016年1月

ご主人様とお逢いしてきました。
今回は以前にも貸し出されたことのあるR様のご調教です。

前日の金曜、ご主人様がこちらに来て下さいました。
前日にこちらで一泊されるのは久しぶり。
多分、前回は一年半以上前だったと思います。

いつものビジネスホテル、以前は私がお部屋にお邪魔することをかまわないと言ってくれていたのですが、久しぶりに行ったら、「宿泊者以外の入室はお断り」と貼紙がしてあったそうで^^;
それが普通と言えば普通なんですが、ちょっと縛って戴いたり、新しく作ったキャットスーツを見て戴こうと思っていたのに出来ず残念でした。

翌日、名古屋駅でR様と待ち合わせ。
少し早めに着いた私達の隣に立たれたR様に、暫く気付かずに並んで立っていたというちょっと笑ってしまった久しぶりの再会でした^^

ホテルに着くと、服を少しずつ脱がされていきました。
胸を握りつぶされたり、股縄の間に指を入れられて弄られたり。。
P1230002s.jpg P1230006s.jpg

髪を引っ張られて、お風呂場まで這って連れていかれました。
そして、この日のために何か月も伸ばしてきた陰毛を剃って戴きました。
剃って戴いている間、ずっとR様のものを咥えていました。
剃毛の後、浣腸をされましたが、その間もほとんど咥えっぱなしです。

浣腸はお湯に浣腸液を混ぜたものを入れられます。
そしてお腹を手で押さえたり足で思いきり踏まれ絞りし出される感じでした。
出したくないのに有無を言わさず押し出されてしまいます。

その後、トイレに行かせて戴きましたが、まだたくさん残っていたようで大きな音と共に水状のものが出てきました。
その絶対にトイレの外まで聞こえている大音響がとても恥ずかしかったです。
P1230013s.jpg P1230024s.jpg P1230028s.jpg
部屋に設置されている拘束椅子に寝かされました。
R様はカバンから何か取り出してきました。
何を出されたのか分からず、いったい何をされるんだろうと不安な思いで待ちました。
ビニールを破り取り出したかと思うと、口に。。
おにぎりでした^^
R様が噛み砕いて下さったおにぎりを口移しで食べさせてくださいました。
噛み砕いてお茶を混ぜたものも。
そして噛み砕いてR様の性器に貼りつけたものも舐め取って食べました。
P1230035s.jpg  P1230038s.jpg 

そのあと取り出してきたのは蝋燭です。
短いものを二つくっつけたようなものでした。
それを胸に立てられます。

そして始まったのが電マでの責め。
動いたら蝋燭が倒れる、と思いました。
でも体の反応は止められません。
動かないよう必死に我慢します。
どの位の時間でしょうか、ずっと大声を上げていた気がします。
特に、蝋燭から解放されR様に入れられながら電マを当てられていた時は逝きっぱなしだったと思います。
P1230047s.jpg  P1230049s.jpg P1230066s.jpg

この後はベッドへ行きご奉仕。
でもえずいてしまってうまく奥まで咥えられません。
何度もえずきながらご奉仕させて戴きましたが、R様には満足いただけなかったのではと申し訳ない思いでいっぱいです。
そのあと、R様に促されて上に跨ります。
R様に悦んで戴きたくて一生懸命腰を振りました。
最後は飲ませていただき、とても嬉しかったです。
P1230075s.jpg P1230078s.jpg

ここでR様のご調教は一旦終わりましたが、まだ時間に余裕があったのでご主人様に縛って戴きました。
この日何度も咥えさせていただいたR様のおちんちんをまた咥えさせていただきます。
そしてこの日戴いた責めを振り返り、R様にお使いいただいた悦びに包まれました。
P1230082s.jpg
今回は苦手意識が強かった快楽責めに今までで一番の悦びを感じ、苦手意識が無くなってきました。
それはとても嬉しい事でした。
また今回、引っかいたり手でスパンキングされたりという事はありましたが本格的な苦痛系の責めはありませんでした。
普段一本鞭を使っていると聞いていたので覚悟をしていたのですが。
R様は、自制心が効かなくなりそうなので遠慮してしまった、と仰っていました。
それを伺って、覚悟していたはずなのに「今度は遠慮なく責めて下さい」と自信を持って言えなかった自分が情けないです。
R様にはまだ物足りない私だったと思います。
次回は遠慮なく責めて戴けるようなマゾ牝になりたいです。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]

category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄01⁄19(Tue)
  • 17:56

淫乱なマゾ牝

ご主人様以外の方にご調教戴く時、口や前後の穴を使って戴いたりすることがあります。
その事が嬉しいだろう、とご主人様に問われました。
すぐに答えられずに結局、抵抗を感じます、とお答えしました。

例えばお口で奉仕する時、ご主人様に対しては愛おしさで悦びを感じますが他のS様の場合は悦んで戴きたいという気持ち、服従する悦びと被虐感を感じ、使って戴ける嬉しさを感じます。
アナルの時も同様です。
でも牝穴の時には後ろめたさを感じてしまうのです。
愛する人以外のものを受け入れて体が感じてしまうことに罪悪感があるのです。
アナルでも快感を感じますが、アナルに入れるという行為がSMに強く結びついているせいか罪悪感は無いんですが。。
牝穴の時にはマゾ牝から女性の心が出てきてしまうのだと思います。
悦んで戴きたいという思いもあるし、使って戴けてありがたいという思いもあるんですが。
それで、「嫌」ではなく「抵抗を感じる」という表現になってしまったのです。

私はご主人様の望む「淫乱なマゾ牝」になりたいと思っています。
貸し出され、どのような責めを受けても全て悦びをもって受け入れる。。
その事でご主人様が嫉妬することがご主人様の悦びで、それが私の悦びに繋がる。。
十分わかっているんですが、たびたび「同じことを何度も言わせるな」ということに^^;

この写真は二日ほど前の「同じことを何度も言わせた」時の写真^^;
Video call snapshot 1s
これはついでに。。その前日、作ったばかりのシルバーのキャットスーツです。
Video call snapshot 6s



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄01⁄11(Mon)
  • 15:22

苦痛

ご主人様にご調教戴きました。
前日にもご調教戴いていたので二日連続です。
もちろん直接会っているわけではありません。
有無を言わさず与えられるのとは違い、痛いとわかっていて自ら行うのも辛いものです。

前日と同じく、アナルビーズを入れ、棘ブラをします。
棘ブラは、前日は痛い中にも快感を感じる余裕がありました。
でも、二日続けると前の日よりも痛みが強く、苦痛しか感じません。

そこへ乳首とラビアに錘付きピンチを付けて四つん這いになるよう命令いただきました。
久しぶりの錘付きピンチ。。とても痛いです。
錘で胸が引っ張られる分、棘ブラの棘が食い込むせいでしょうか。。
痣や傷にはなっていないけれど前日強く押さえられて軽い打ち身の状態になっているからでしょうか。。
Video call snapshot 2s
このあと、立ち上がるよう言われました。
体勢を変えることもとても痛いです。
棘ブラが押さえ付けていた位置が、体勢を変えることで代わるからです。
それに、乳首のピンチは四つん這いになることが分かっていたので、正面から挟んで、這った時に真下に引っ張られるようにしていましたから、立ち上がると、90度ひねられることになります。
Video call snapshot 3s
立ち上がって胸を張り、錘を振り、さらに手で棘を押さえつけ。。
苦痛で息が上がってきます。
苦痛の大波ではうめき声も出てしまいます。

ご主人様に苦痛で逝けと言われました。
痛みを快感に替えるか。。
苦痛を与えられている立場を悦びに感じるか。。

この日はとても痛くて辛くて快感を感じられません。
ただひたすら苦痛に耐えているだけ。
でも、ご主人様はその苦痛に耐えている姿を悦んで下さいます。
はっきりした言葉は覚えていませんが、苦痛に耐える姿が興奮するとか嬉しいとか、そういう意味合いの言葉。。
それを聞いたとたんに苦痛一色だった私の中に悦びが生まれました。
そしてパソコン画面のご主人様の姿を見るとさらに体が熱くなり、やがて逝ってしまいました。

痛みが快感に変わったわけではありません。
でも苦痛を感じながら別の場所で快感が湧きあがってきました。
自分がMだと実感します。

今、棘ブラのさらなる進化型を考えています。
ブラという形には出来ないかもしれませんが、画鋲を使ってみようかと。。
少し前まで、画鋲なんてSMグッズの範囲になんて考えられませんでしたが。
私は随分変わったと思います。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2016⁄01⁄01(Fri)
  • 00:01

昨年はありがとうございました

CNT-0016479-01.jpg



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
日記

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション

ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。

カウントダウン&アップ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

1クリック募金

クリックで救える命がある。

読者アンケート

アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

スライドショー

♪♪♪