FC2ブログ
RSSはこちら

【sow slave minami】 in Public

ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。

  • 2015⁄10⁄14(Wed)
  • 15:02

マゾ牝調教日記 2015年10月(2)

お昼休憩です。
用意されたペット用の器に入れて戴いたおにぎりを食べました。
鞭のあとで、涙でくしゃくしゃになった顔のままで鼻をすすりながら食べました^^;
この器、結構深くて舌が底まで届きません。
顔全体を突っ込むほど大きくもなく、入れて戴いたおにぎりを咥えるのに苦労しました。
でもそれが立場を感じられて嬉しかったです。
IMG_0116s2.jpg  PA100051s.jpg IMG_0117s.jpg


食後、お化粧を直したあと、剃毛して戴きました。
とは言っても陰毛はY様にご調教戴くことが決まる前にR様から伸ばすよう命令いただいて伸ばしている最中。
Y様のお好みの姿になれないのはY様に申し訳なく、剃毛してしまってはR様に申し訳ない。。なんとも複雑な気持ちです。
結局は半分だけ剃毛することに決められました。
左半分だけのパイパンです。
これはこれで恥ずかしい格好です。。
PA100063s.jpg

剃られた後はそのままうつぶせになり、大きく股を開いて手首と脚を拘束。
全て丸見えのとても恥ずかしい姿にさせられました。
そしてアナル調教。。指が4本入ったそうです。
普段入れているプラグはそんなに太くないし、そう言われても指4本も入るなんて信じられなくて。。
あとからご主人様に聞いて確認してしまいました^^;
ご主人様の嗜好には無い事なので初めての経験でした。
アナルの中をかきまわされて、とても気持ち良かったです。
PA100064s.jpg

次は蝋燭です。
アナルにはバイブが入っています。
背中からやがてお尻に。。
熱がってもがき、動いているうちに何度もバイブが抜けてしまって。。それがとても恥ずかしかったです。
PA100069s.jpg PA100071s.jpg
そして熱がって余計なところに力が入っているせいか。。脚がつってしまって。。
ご主人様とY様の二人がかりで私の脚のマッサージ^^;
このマッサージも責めに負けないくらい痛かったですが、中断させてしまって素に戻ってしまって本当に申し訳なかったです。

このあとは気を取り直してご奉仕させて戴きました。
一心不乱にご奉仕していると、ご主人様が後ろから私を縛り始めました。
前日に、私の気持ちがY様に入っていたら、自分も参加するかもしれない、と聞かされていましたので驚きはしませんでした。
でも、縛る過程で体が離れて咥えられなくなる時があって、その時は引き剥がされる、と感じ、届かないY様のものを求めていました。
そう感じたこと事体、私がY様のマゾ牝として気持ちが入っていたという事なのだと思います。
IMG_0127s.jpg PA100073s.jpg
そのままアナルに入れて下さいました。
こんなにアナルを使って戴いたのは初めての事です。
私はアナルでとても感じてしまうという事を知りました。
最後に、Y様のものをお口で清めさせていただきました。
舐めるよう言われて素直に舐めただけで、私のアナルに入っていたことは気になりませんでした。
PA100076s.jpg

Y様の足元に座っている時、ご主人様がビニールの全頭マスクを被せてきました。
このマスクは普段の調教で使っている物で、皮などの光を通さないマスクと違って透明なので、恐怖心や不安は全くなく、適度に遮断された感じがして、意識が内側に集中してより感じられるのです。
そしてそのままY様を感じて逝ってしまいました。



家に帰ってから撮った鞭痕と洗濯バサミの痕です。
鞭痕はそれほど痛くありませんが、洗濯バサミの傷は痛みます。
151011_0901~01 151011_0855~02
ご主人様は嫉妬させたお仕置き(ご褒美)としてその日の夜に棘ブラと洗濯バサミで苦痛を与えて下さいました。
傷痕の上の棘はとても痛いです。
昼間の洗濯バサミの痕がついた乳首も痛いです。
でも、痛みの強さはご主人様の嫉妬の強さ。
そして嫉妬の強さは愛の大きさ。。そう思うと嬉しくてたまりません。



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]

category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2015⁄10⁄12(Mon)
  • 20:38

マゾ牝調教日記 2015年10月(1) 

ご主人様とお逢いしてきました。
でもご主人様のご調教ではありません。
以前貸し出されたことのあるY様のご調教です。
今回は貸し出しではなく、Y様と誓約書を交わして継続的にご調教戴くことになった最初のご調教でした。

このように継続的にご調教戴く方はもう一人R様がいらっしゃいます。
私を統べるのはただ一人、今まで通りご主人様ですが、Y様とR様もマゾ牝みなみの主様としてご調教戴くことになっております。

この日、ホテルのラウンジで待ち合わせ、そこでY様との誓約書にサインして提出しました。
そしてY様のマゾ牝となった証の首輪を着けて戴きました。
スタッズ付きの首輪で少しいかついですが、細めなのと色が服と合っていたのですんなり馴染むことが出来ました。
PA100007s2.jpg

ここでワイヤレスリモコンのローターを二つ渡され、トイレでアナルとヴァギナに装着するよう命令いただきました。
そしてこの後近くのショッピングモールへ買い物に行きます。
もちろん首輪も着けたままです。
ローターは時々振動が変わったり止められたりしますが、ほとんどスイッチは入りっぱなしです。
途中でヴァギナのローターが抜けてしまい。。でも落下はせず、うまくラビアの中に縦に収まって、歩くとクリを刺激することになってしまいました。
私は普通に歩いていたつもりですが、後ろから見ていたご主人様が、歩き方がぎこちなかったと仰っていました^^;

つけまつ毛や真っ赤な口紅などの化粧品とスキン、浣腸、洗面器を買ってきました。
買い物の内容でこれからどんなことをされるのか想像してしまいました。


ホテルに着くと、買ってきた化粧品でお化粧をし、Y様が用意して下さった下着を着けました。
つけまつ毛を付けて濃いアイメイク、真っ赤な口紅で自分ではないようです。
そして厭らしく濡れたおまんこやアナルを見て戴きました。
PA100017s.jpg PA100020s.jpg

ご奉仕もさせて戴きました。
上手に出来たのかどうかはわかりませんが、Y様に悦んで戴けるよう一生懸命させて戴きました。
PA100025s.jpg
そしてこの後、ご褒美に挿入して下さいました。
脚を思いきり広げられ、とても恥ずかしく感じたのを覚えています。
この時、ご主人様にずっと見られていることは意識していませんでした。
でも快感に身を委ねながらY様の背中に手をまわして抱きついた時。。この時初めてご主人様の前だということを意識しました。


洗濯バサミが用意され、私は鞭で落とされることを覚悟しました。
ラビアにはベルをぶら下げられ、動くと大きな音がします。
洗濯バサミは目いっぱい深く挟まれています。
こんなに深く挟んだらなかなか取れない。。と思いながら見ていました。
鞭は当然胸ばかりを狙ってきます。
でもやはり洗濯バサミが落ちていく気配を感じません。
鞭の痛さと洗濯バサミの痛さに泣きだしてしまいました。
PA100035s.jpg PA100037s2.jpg PA100039s.jpg
しばらくしてやっと洗濯バサミが落ちると(その頃には鞭で落ちたのか手で取って戴いたのか分からなくなっていましたが)次は。。
また同じように洗濯バサミです。
今度は乳首に錘付きを付けられました。
ベルがよく鳴るように腰を振るよう命じられます。
そしてまた洗濯バサミが落ちるまで。。
この時も洗濯バサミが鞭で落ちていたのか一部取って戴いたのかよく覚えていません。
この時は最初から最後まで泣いていた気がします。
確か乳首の錘付き洗濯バサミは最後に手で外して下さったと思いますが、いつもなら外すときに激痛にうめいてしまうのに、この時は周りの痛さと変わらなかったせいかうめき声も悲鳴も出ませんでした。
PA100043s.jpg PA100045s.jpg PA100048s.jpg
痛くて泣いてしまったり、身体が逃げてしまったりしてしまいますが鞭は嫌いではありません。
「嫌いではありません」なんて書くとご主人様に「好き」だと言え、と叱られそうですが。。
まだ恐怖心もいっぱいなので「好き」という言葉は言えなくて^^;
ただ言えるのは、打たれるのは怖いし痛いけど「嬉しい」です。
打たれて泣いている自分の姿が嬉しかったりします。



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション

ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。

カウントダウン&アップ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

1クリック募金

クリックで救える命がある。

読者アンケート

アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

スライドショー

♪♪♪