FC2ブログ
RSSはこちら

【sow slave minami】 in Public

ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。

  • 2015⁄07⁄24(Fri)
  • 08:25

newアイテム

最近、乳首や乳輪、クリを吸引して肥大化を目指しています。
いつも、まず乳輪とクリに吸引器を付けます。
その後で乳首の吸引器に切り替え。。
吸引器を外してすぐは結構大きくなっていますが、翌朝見ると元通りになっているような。。^^;
頑張って大きくしたいです。
Video call snapshot 70s Video call snapshot 73s

そしてその後で登場するのが少し前から作っていた棘ブラ。
この前の連休中に完成しました。
下の左端の写真は肌にあたる側の写真です。
5個の棘を持った金具が22個付いています。110個のトゲ^^
乳首の部分は穴を開け、外に出しています。
なんだか厭らしい感じ。。
ベルトは前と後ろでバックル止めにして締め具合を調節できます。
でも強く締めても、もっと押さえつけられたくて胸を張り、さらに自ら手で押さえたくなってきます。
そしてそのうちに乳首にも苦痛が欲しくなってきます。
おねだりしてピンチを挟ませて戴いたくらいです。
CIMG0699s.jpg Video call snapshot 57s Video call snapshot 58s

この棘ブラをしていると、色々なことを妄想してしまいます。
棘ブラを着け、寝かされて足で胸をぐりぐりと踏みつけられたい。。
うつ伏せに寝かされ背中を踏まれたい。。
四つんばいになって、乳首に錘付きピンチを付けられたい。。
それと。。棘ブラをしてご主人様にぎゅ~っと抱きしめて締め付けてもらいたい。。

このブラの棘はそれほど鋭利ではないし短いので、押さえるだけなら痛くても皮膚を破って刺さることは無いと思います。
だから安心して痛さを愉しめるというか。。痛さに酔えます。
まだグサリと刺さるのは怖いので^^;
今の私の一番のお気に入りです。



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2015⁄07⁄19(Sun)
  • 20:12

調教日記 2015年7月 (3)

ここからは黒いソックスとガーターベルトに着替えてからのプレイです。
胸元が寂しいからとチェーンブラも着けました。
そして乳首とクリの吸引。。
乳首がどんどん吸い上げられていきます。
いやらしく大きな乳首になっていることで、Y様に使われている奴隷なのだという実感が湧いてきます。
乳首の吸引は乳輪の吸引と替えられ、乳輪ごと大きく膨らませられます。
はじめは痛みがあるのですが、やがて痛みは無くなり気持ちよくなってきてしまいました。
この姿で鞭打たれましたが、前回は厳しい鞭を戴いて覚悟をしていたので今回はそれほど辛くはありませんでした。
P7110090s.jpg P7110099s.jpg P7110106s.jpg

ソファーに座らされ、しばらく余韻にうっとりしていましたが、両膝を開いて縛られ、乳首やインナーラビアやクリにピンチを付けられました。
そしてその後でラビア開きピンチで思いきりラビアを開かれます。
このラビア開きピンチ、チャット調教の時は自分で使うので、繋いでいる透明ゴムは少しでも痛く無いように最短距離になる場所を通って挟みます。
でもこの時は既に足を開かされた状態。
ゴムの場所は少し膝寄りになり、いつもより強く引っ張ることになって本当に引きちぎられるのではないかと思うくらい痛かったです。
この状態はかなり長い時間続き、とても辛かったです。
乳首やクリのクリップはだんだん痛みが無くなり快感に変わっていくのですが、この時のラビアは最後まで苦痛のままでした。
この時、お尻の下にタオルが敷かれているのはここで放尿するよう命じられていたからです。
ホテルに着いてすぐに一度トイレに行かせて戴いていましたが、その後はトイレを禁じられていたのはこのためだったんだ。。。と思いました。
ずっと前から尿意は感じていましたが、この体勢で放物線を描くように勢いよく出せと言われても出てきません^^;
お二人に見られながら、一生懸命に出そうとはしたのですが出てきません。
P7110109s.jpg P7110113s.jpg P7110115s.jpg
なかなか出せないでいる私にどんどん攻めが追加されます。
蝋燭を咥えさせられ、火が着けられます。
ロウが落ちるまでの時間がとても長く感じました。
いつ落ちるのかとドキドキです。
そして落ち始めると、その熱さに思わず悶えてしまいます。
落ち始めると想像以上に大量の蝋が落ちてきます。(写真で見ると大した量ではありませんが、私には大量に感じました^^;)
悶えて顔を動かすと広範囲に蝋が落ちることに。。
それでも放尿できないでいると、今度はY様は浣腸器を出してきました。
浣腸されたくない私は必死に出そうとしますが、出せません。
 P7110122s.jpg 
結局、時間があまりなかったことと、私が同じ姿勢で長時間いたせいで脚が痛くなってきたことでこの体勢からは解放されました。
解き放たれて床に座っていると安心したせいかまた尿意に襲われ。。
Y様とご主人様が見ている前で立ったまますることになりました。
溜まっていたお小水が落ちる音がいつまでも続き、とても恥ずかしかったです。
でも後で写真を見ると、どんな場面の写真だったのか分からなかった位とても嬉しそうな顔をしています。
立ちションを見られながら悦んでいたんだ。。と驚きました。
P7110124s.jpg

この後はラップとボンテージテープでグルグル巻きにされました。
何故か胸とお腹は空けられて巻かれました。
動くのは顔と手と足先だけ。
拘束感がとても気持ち良かったです。
P7110128s.jpg 
でもその拘束感を楽しんでいたのはわずかな時間。
すぐにボンテージテープの隙間の意味を知ることになります。
また蝋燭の登場です。
熱い滴りが落ちるたびに身動きできない体で悶えます。
蝋燭はとても熱いですが、だんだん何となく気持ち良い感じがしてきます。
拘束されて動けないのでいっそう感じてしまいます。
P7110131s.jpg

蝋燭を剥がした後、この拘束されたままの格好でY様にご奉仕させて戴きました。
最初は寝かされたまましていましたが、途中から私は座った状態になり、頭をご主人様に押さえられてのご奉仕でした。
拘束されて身動きできない状態で、頭を押さえられて奉仕する。。
この状況に私もとても昂り、感じてしまいました。
最後にY様が前回よりも、より満足したと仰って戴けてとても嬉しかったです。



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2015⁄07⁄18(Sat)
  • 15:00

調教日記 2015年7月 (2)

ホテルに入ると、私は一旦身に着けていたものをすべて取ります。
そしてご主人様に縛られ、Y様に「自由に使ってやってください」と引き渡されました。
そこで改めて首輪を付けて戴き、私はY様の物として扱われます。
P7110037s.jpg
縄を解き、化粧をして赤いタイツを穿かせて戴きました。
私の太い体にはぴちぴちではじけ飛びそう。。
実際表面のコーティングがめくれてきていました^^;
Y様がBGMを流して下さり、この格好で色々なポーズをとります。
ラビアに錘付きピンチ、さらにベルを二つ付け腰を振ります。
このベルはY様が探してきて下さった熊よけのベルだそうです。
付いている鈴の音を掻き消して大きな音が鳴っていました。
P7110046s.jpg P7110047s.jpg
M字に足を開き腰を上げて腰を振ったり、四つん這いになってラビアを開いて見せたり、横になって片足を高く上げたり。。
恥かしいポーズをたくさんとりました。
P7110049s.jpg P7110053s.jpg

その後、テーブルの上に寝かされました。
腕はテーブルの下に回され固定されます。
そして鼻フックに錘を付けて後ろに垂らし、錘の重さで鼻を吊り上げます。
鼻フックの錘は最後には2つに増やされていましたが、苦しくは感じていませんでした。
それよりもローションを垂らされて体に塗られる感触があったかくて気持ち良くてうっとりしていました。
気持ちよくて思わず顔を横向けると鼻フックがずれそうになって。。ずれたり外れたりするのが嫌、って思うくらい鼻フックも心地よく感じていました。
P7110058s.jpg P7110059s.jpg P7110065s.jpg
この後うつ伏せになり、背中やお尻にもローションを。。
この時にアナルプラグを抜かれました。
Y様は縄を引っ張りますが、プラグを抜かれないように力を込めるように言われます。
私は力を入れますがやがてポンッという感じで抜けてしまいます。
抜ける時に気持ち良かったですが、プラグが汚れているのでは。。と思うと恥ずかしかったです。
P7110069s.jpg


このあとは鼻フックとアナルフックを連結し、Y様にリードを引かれての四つん這い歩行です。
歩く時は膝をつかない高這い。後ろからすべてが丸見えの恥ずかしい格好です。
時々鞭が飛んできます。
この責めは奴隷の立場を感じられてとても嬉しかったです。
P7110078s.jpg P7110075s.jpg
途中、開口器をつけられました。
開口器をつけて四つんばいになると涎がすぐに溜まってしまいます。
最初は栓をしてありましたが栓を外すと流れ出てきてしまいました。
そしてこのままY様のものを入れられました。
Y様の昂ったものを感じられて嬉しかったです。
奥まで入れられるとすぐにえずいてしまうのですが、少しでも奥に、少しでも長い時間、と思って頑張りました。
P7110087s.jpg



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2015⁄07⁄14(Tue)
  • 11:54

調教日記 2015年7月 (1)

ご主人様とお逢いしてきました。
今回は貸し出し調教で、4月にもご調教戴いたY様にご調教戴きました。

駅で待ち合わせた後、観光施設内の喫茶店へ。
そこのテラス席で貸し出し調教のために新たに用意した首輪を嵌めて戴きました。
後ろはバックル止めですが、先っぽの穴に南京錠を付け、鍵を外さないと首輪も外せない状態にしてあります。
ぶら下がった札には「Y様の奴隷 みなみ」と書いてあります。
P7110009s.jpg P7110011s.jpg
この後、露出用の服に着替えるため、数百メートル離れた駐車場の車に一旦戻ります。
喫茶店の店内では札を外して下さいましたが、店から一歩出たらまた付けられ、駐車場まで歩いていきました。

車に戻った後、用意してきたボンテージを着せて戴きました。
そして上に白いロングシャツを着ます。
写真では分かりづらいですが、ボンテージの黒いベルトが透けて見えています。
P7110013s.jpg P7110016s.jpg
そして先ほどの観光施設にあるイングリッシュガーデンへ。
この時は下にレギンスを穿かせてくださいました。 
P7110017s.jpg
着ていたロングシャツとレギンスをを脱ぎ、イングリッシュガーデンのチャペルやガゼボ周辺で色々なポーズで写真を撮って戴きました。
こんなほぼ全裸の露出は初めての事。
この場所は庭園の一番奥とはいえ、やや高台の位置にあります。
喫茶店のあった建物は3階建てで、展望テラスもあります。
こちらから見えなくても誰かが見ているかもしれません。
恥かしいという感情よりも頭が真っ白。。という感じで、ただ言われるがままポーズをとっていたように思います。
P7110018s.jpg P7110020s.jpg P7110021s.jpg
庭園からの帰り道はレギンスを穿かせて戴けませんでした。
この頼りない格好で駐車場まで歩いていきます。
この庭園のチケット売り場の方がどんな目で見ていたのか。。
P7110031s.jpg
次はもう一か所の露出場所まで少し露出ドライブをしました。
前をはだけ、バイブをあてがわれ。。
時間が無かったので露出はしませんでしたが、Y様に逝かせて戴きました。

その後はホテルへ。
ラブホテルではなくリゾートホテルです。
お昼はそのホテルのランチバイキングです。
先ほどの格好の下にレギンスとエナメルの黒いブラを着けさせていただき、南京錠と札は外して下さいました。
ボンテージの透け具合など自分では見えなかったのであまり気にせずに普通に美味しく食事させて戴いたのですが、後で部屋に入り、洗面所で自分の姿を見た時。。
こんなに透けていたんだ、と愕然とした私です^^;


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2015⁄07⁄05(Sun)
  • 15:22

チャット調教

4月にご調教戴いたY様にチャット調教を戴きました。

まずはラビア開きピンチでラビアを挟みます。
この日は何故かいつもよりも痛みが強かったです。

色々なポーズをご命令いただくたびにラビアの苦痛が増して辛かったです。
まず最初のポーズはM字に開脚。
そしてそのまま腰を上げたポーズや、片足を上げたポーズ、腰を振ったりクリやヴァギナに指を這わせたり。。
どのポーズをとる時もラビアの痛みが強くて少しずつしか動けませんでした。
それと自分の体が重かった。。^^;
M字から腰を上げる所までは良かったんですが、片手を離してクリを触るよう言われた時には、上半身を支える方の腕がプルプルしてきます。
クリを触ってはいるものの、神経はラビアの痛みと体の重みを支えている腕に行っていました^^;
Video call snapshot 133s Video call snapshot 139s Video call snapshot 140s

その後は両足を縛った後、舌に二つピンチを挟み、床に寝転がって足を高く上げます。
そして足を縛った縄に両手を絡めて獣吊り風の縛りです。
もちろん吊っていませんが、実際に両手両足を縛られて吊られたら辛いだろうな、と思いました。
筋力が無くて体重が有りすぎる私の場合、どんな吊でもきつそうですが^^;

最後は胡座に縛りました。
5方向の鼻フックを付け、錘付きの洗濯バサミを一つ舌に挟みます。
ラビア開きのピンチもまたつけます。
途中から乳首にも錘付きピンチを付けました。
この格好はY様もご主人様も気に入って下さって、暫く鑑賞されていました。
お二人に悦んで頂けて私も嬉しくなってきます。
ラビアの痛みもポーズをとっていた時と違って動きが無いせいか、だんだん心地よくなってきます。
からだが火照ってあつくなってきます。
からだの中心からじんわり快感が湧いています。
最後には登りつめることが来ました。
Video call snapshot 143s Video call snapshot 146s



ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション

ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。

カウントダウン&アップ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

1クリック募金

クリックで救える命がある。

読者アンケート

アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

スライドショー

♪♪♪