FC2ブログ
ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。
2015/03«│ 2015/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2015/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:10:20
Y様は色々な道具を用意して下さいました。
その中に吸引器がありました。
直径が2センチ位の吸引器と、直径が5~6センチの、ポンプで空気を抜くタイプのものです。

乳首用のを、乳首にピタリと当て、ネジのようなものを回すと、透明の管の中にどんどん吸い込まれていきます。
先ほどまで洗濯バサミを挟まれ鞭で打たれていた乳首はジンジンと痛みます。
Y様はその吸引器を持って揺さぶりますが、それでもしっかりくっついていた吸引器でした。
直径が大きい方の吸引器は中にローターが付いてます。
ポンプで吸引すると、乳輪ごと吸い込まれていきます。
変形していく自分の胸を見て、Y様の奴隷として使われ、好みの形にされていくのだと思いました。
P4250033s.jpg P4250036s.jpg

下の写真はアナルフックと鼻フックを連結させたものを付けられている写真です。
両手首は足枷に留められています。
その姿で熱ロウ責めを戴きました。
熱さにじっとしていられません。
お尻を上げているように言われてもつい手をついたり膝をついたり。
そしてその後ロウは鞭で叩き落とされます。
身体をくねらせて悲鳴を上げ、ちゃんとした四つんばいにはなっていられません。
P4250038s.jpg P4250043s.jpg P4250048s.jpg
何度も打ち払われる鞭に私は泣きだしてしまいました。
P4250050s.jpg

その後は少しベッドで休ませてくださいました。
そしてまたからだにローションを塗られます。
胸やお腹やおまんこにも。。
その指は私の中にも侵入し、かきまわされます。
私は今思い出しても恥ずかしくなるようなはしたない声を上げて逝かせてくださいと懇願していました。

ベッドではY様が用意して下さった拘束器具でベッドに両手両足を拘束されました。
今度は前面への熱ロウ責めです。
お腹に落ちるロウは、さっきのお尻や背中よりも熱くは感じませんでした。
右の乳首へのロウは。。熱い。。けどなんとなく気持ちよくなりそうな気配。
左の乳首へのロウは。。熱い・痛い><
そしておまんこへもロウが落とされます。
元々あまり蝋燭の経験はありませんが、ここへのロウは初めてです。
これが意外にも熱いけど気持ち良い感じでした。
この時の蝋も鞭で落とされます。
はっきり覚えていませんが、結構手でも取って下さっていた気がします。
おまんこのロウを取って下さった時に、そこがヌルヌルで、ローションのせいなのか自分の体液なのかどっちなんだろう。。と思ったのを覚えています。
P4250052s.jpg P4250055s.jpg

その後、Y様にご奉仕させて戴きました。
途中、5方向の鼻フックと錘付き洗濯バサミを乳首に挟んでのご奉仕です。
少し奥まで入れるとすぐにえずいてしまって上手に出来ず、申し訳なかったです。
そして、アナルを使って戴きました。
突き立てられるたびに揺れる錘で乳首が痛くて辛かったです。
でもその辛さは奴隷として使われている実感を感じさせてくれるものでした。
最後の写真は終わった後、Y様のものを舐めてきれいにしている時のです。
自分のアナルに入っていたということは気になりませんでした。
強く吸ったら少し精液の味がして嬉しかったです。
P4250058s1.jpg P4250059s.jpg P4250060s1.jpg

今回の貸し出し調教では、Y様に下調べや道具類の準備、ホテルの手配などすべてして頂き、本当にお世話になりました。
ご調教では、ロウソクでの局所責めや、ロウを鞭で叩き落とす責めなど、初めての責めを経験できました。
鞭が辛くて泣けてしまいましたが、許しを乞うことなくなんとか耐えることが出来て良かったと思います。(Y様が加減して下さったおかげかもしれませんが。。)
時間の制約などもあり、Y様に完全にご満足いただけたとは思っておりません。
またいつか、Y様にお仕えしたいと思います。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
[PR]


Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:10│ トラックバック :--
16:55:50
ご主人様とお逢いしてきました。
今回は貸し出し調教で、このブログの読者のY様にご調教戴きました。

待ち合わせの後、喫茶店でコーヒーを飲みながら少し緊張をほぐします。
そこでY様に真っ赤な口紅と網タイツタイプのソックスを渡されトイレで着替えます。
コートを持ってくるよう指示を戴いていたので、野外露出の覚悟はしていました。
やはりそこでコートの中の服を脱ぐ予定だったそうです。
でもコートの生地が薄くて透けるかもしれないので、コートの中は駐車場の車の中で脱ぐことになりました。

車の中で手枷と足枷を嵌め、手枷は座席に固定されます。
おまんこには電マを当てられています。
そして下見して戴いていた場所まで露出ドライブ。。
でも、休日でどこも車や人がいっぱい^^;
結局、駐車場で車に乗ったままの写真と、外で前をはだけた写真を撮ることしか出来ませんでした。
でも露出ドライブも昼間の露出も初めての事でドキドキでした。
P4250004s.jpg P4250009s.jpg P4250010s.jpg

ホテルの部屋に着くと、Y様は床やベッドに敷物を敷き詰めて準備を始めます。
それを見てこれからされるであろう責めを想像していました。
きっと蝋燭で責められるんだろう。。
涙や鼻水や涎を垂らすことになるんだろう。。
そう思い胸が高鳴っていました。

準備が終わると、私は服を脱ぎ、改めてY様にご挨拶をしてご調教の始まりです。
Y様は私のためにたくさんの物を用意して飾って下さいました。
グローブをはめ、ピンヒールのハイヒールを履かせて戴きます。
先ほどの口紅を更に厚く塗り、伸ばしていても薄くて存在感の無い腋毛にマスカラを塗って盛ります。
転写式文字を身体に貼っていきます。
そしてからだ中ローションを塗ってピカピカに。
CIMG0599s.jpg P4250011s.jpg
私を飾る間席を外していたご主人様もこの姿をとても気に入って下さったようです。
そしてY様が用意して下さったワインを飲みお二人で鑑賞。。
車の運転があるY様のワインは私に口移しで飲ませて下さいました。

最初の責めはスパンキングからでした。
でも苦しくて印象に残っているのはタバコでの責めです。
最初は片方の鼻に。。そしてもう片方にも。
鼻で息なんてできないし、口で息を吸うと煙が入ってきます。
目にも沁みて涙が出てくるし、のども痛くなってきます。
たばこを吸わない私にとって、とても辛い責めでした。
P4250021s.jpg

マスクをかぶせられた後は。。
洗濯バサミを胸やお腹に。
そしてそれを鞭で弾き飛ばします。
やっと全部取れたらしい。。と思ったらまた挟まれてもう一回><
これはとても痛いです。
二日たった今でも痕も痛みも残っています。
image1s.jpg P4250029s.jpg P4250030s.jpg

つづく。。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。





Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:8│ トラックバック :--
14:44:51
ご主人様に、以前買って戴いたゴムベルトで自縛するよう命じられました。
ボールギャグと鼻フックも付けます。
乳首とラビアには錘付きの洗濯バサミ。
そしてクリにも洗濯バサミを付けます。
Video call snapshot 7s2 Video call snapshot 9s2
クリの洗濯バサミは。。手探りですし挟みにくいので本当にクリなのかどうかよく分かりませんがとにかく痛いです。
でも最近は暫くするとその「苦痛」の「苦」が「快」に変わってきます。
その「苦」と「快」の度合いは毎回違いますが、だんだん苦しくなくなって行くのは確か。
それが自分で信じられなくて余計にクリじゃないのかも。。と思うのですが^^;

自分の手さぐりではなくちゃんと挟んでもらいたい、と思います。
とても怖いのですが、本当の痛さなのかどうかを知りたい。。
やっぱり違ってた、こんなに痛くなかった、って泣くことになるかもしれないですけど^^;
そして、それでも「苦」から「快」への変化があるのか。。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:6│ トラックバック :--
13:28:46
貸し出し予定の方からのチャット調教は続いています。
この日は自縛姿でログイン。
ラビアをラビア開き用クリップで開き、鼻フック、乳首のクリップもつけます。
そしてクリトリスへもクリップを付けるよう命じられます。
でもラビアを引っ張っているせいで突っ張ってなかなかクリトリスが挟めません。
見えているわけでもないので手探りで挟むのは難しかったです。
挟んだ瞬間は息が出来ないほどの苦痛。。
でもやがてその苦痛が苦痛でない痛さに変わっていきます。
Video call snapshot 104s

別の日はチェーンブラとチェーンの股縄着用の指示でした。
チェーンを引っ張って食い込ませ、足を上げてアナルプラグまで見えるように晒します。
次にうつ伏せになり、アナルスティックとバイブを入れ、クリを擦るよう命じられました。
その後は、チェーンの股縄を外し、ラビア開き用クリップでラビアを開いて晒します。
Video call snapshot 109s Video call snapshot 112s Video call snapshot 115s
この日の最後にはストッキングをかぶり上に引き上げて顔面崩壊。。
でも、ストッキングの使い道を予想していなかったので、普通よりも緩いストッキングを用意してしまい、あまり顔がひっぱっられる感じはありませんでした。
きつめのストッキングにすればよかったと後悔しました^^;
Video call snapshot 119s


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Category:調教日記コメント:10│ トラックバック :--
14:16:15
貸し出し予定の方からチャットでご調教戴きました。
この日はチェーンブラとボンテージパンツを着てのご調教でした。

前回、鼻輪がよく見えなかったのでまずは鼻輪の写真です。
Video call snapshot 74s
次にアナル調教。。
入っていたプラグを抜き、指を一本ずつ入れていきます。
最初は中指一本。
ローションをつけた指を入れて中を擦るようにマッサージします。
同様に一本ずつ増やしていって、3本まで入れました。
四つん這いで後ろから入れた後、上向きになって前からも。
Video call snapshot 78s Video call snapshot 82s
次はバイブ(動かないからアナルスティック?^^;)をいれて。。
電マをクリに当てます。
Video call snapshot 84s Video call snapshot 86s
そのあとはラビアを洗濯バサミで開いて見せます。
これは洗濯バサミを透明ゴムで繋ぎ、太ももの外側から回してラビアを挟んで広げるものです。
昨年、ご主人様に言われて考えたラビア開き用クリップです。
Video call snapshot 87s
次は五方向の鼻フックを付け、苦手な舌へのクリップ。
今回は一個ですが、錘付きです。
座椅子に座っている時に付けたのであっという間に涎が垂れて座椅子が濡れてしまいました^^;
そこからカメラの前まで来て、カメラの前で「ご主人様、写真を撮って下さい」と言わされます。
もちろんこの格好ではまともに喋れるわけもなく、垂れ落ちるよだれ、揺れる錘の重さ、挟まれたクリップの痛さを感じながら奴隷の立場をかみしめていました。
Video call snapshot 94s


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

Theme:SM全般 Genre:アダルト│ Category:調教日記コメント:8│ トラックバック :--
プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション
ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。
カウントダウン&アップ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
1クリック募金
クリックで救える命がある。
読者アンケート
アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。
リンク
このブログをリンクに追加する