FC2ブログ
RSSはこちら

【sow slave minami】 in Public

ご来訪ありがとうございます。 公衆牝豚奴隷みなみは皆様の晒し者としてお仕えいたします。皆様のご命令をお待ちしております。齢を重ね、脂肪を重ねた体ですがご容赦くださいませ。

  • 2014⁄02⁄24(Mon)
  • 11:26

調教日記 2014年2月

ご主人様とお逢いしてきました。
今回は、日帰りでご主人様のもとに行き、以前にもご調教戴いたことのあるS様にご調教戴きました。

喫茶店でS様と待ち合わせ、以前からお約束していたように着けていた股縄をトイレで外し、S様にお預けします。
その時から私はS様に服従し、尽くすことを誓うのです。

ホテルに入り、着ていたものを脱ぎ、首輪をしていたいたあと、改めて土下座をしてご挨拶をします。
そのまま、足を舐めさせていただき、縄を束ねたもので鞭のように打って戴きました。
P2220001s.jpg
そのまま暫く打たれた後、今度はご奉仕をしながらの鞭打ちです。
P2220002s.jpg

次に、乗馬鞭に持ち替えての鞭打ちです。
壁際に立たされて打たれたり、乳首を指でつぶされたりしました。
乳首の責めは厳しく、泣き出しそうになりました。
P2220007s.jpg
ベッドに移動し、四つんばいでの鞭打ちはおちんちんを咥えたままで離すことは許されません。
回数を重ねると痛くてじっとしていられませんが、縛られていなくても逃げられず腰をくゆらすことしか出来ません。

ご主人様はバラ鞭が主で、乗馬鞭で本格的に打たれるのは初めてです。
S様はお尻に鞭の痣をつけたいとチャットで仰っており、私もそれを望んでいました。
その言葉通り痣をつけて下さいました。
P2220019s.jpg
痣が出来るほどの鞭は昔から憧れていました。
今回、それが叶えられて、S様には感謝しております。
もう痛くて嫌だ。。と思う頃に鞭を止め鞭跡を撫でられます。
そのぞくぞくするような快感に悲鳴が喘ぎ声に変わり。。しばらくするとまた鞭打ち。
その繰り返しです。
多分、ずっと続けざまに打たれていたら耐えられなかったかもしれません。

鞭打ちの後、ご奉仕をして、S様の精液を飲ませて戴きました。

その後は浣腸です。
グリセリンを薄めたお湯1リットルを2回と牛乳1リットルを1回です。
お湯を入れた時はトイレに行かせてくださいましたが、牛乳は洗面器に出すよう言われました。
栓をされ、波のように押し寄せるお腹の痛みに耐えます。
栓を外されてもなるべくなら噴出したくないと必死にこらえますが、一度出始めるともうだめです。
恥かしい音を出しながら勢いよく出てしまいました。
P2220028s.jpg
実はこの日は緊張のせいか朝からお腹が緩くて4回もトイレに行っていたので、多分固形物は少ないのでは。。と思いましたが、洗面器に出した牛乳には茶色いものが混じり、恥ずかしかったです。

この後は快楽責め。。
電マでクリを責められ、アナルも責められめちゃくちゃにされました。
P2220037s.jpg 
前回アナルを責められた時は浣腸されていなかったので、出てきそうで気になって自分で押さえてしまった感じでしたが、今回は心おきなく自分を解放することが出来ました。
P2220044s.jpg

一通りの責めが終わった後、ご主人様が縛ってくださいました。
ご主人様に縛って頂くのは12月にお逢いして以来です。
日帰りでしたし、この日はS様のご調教なので半分諦めておりましたが、ご主人様に縛って戴けてとても嬉しかったです。
P2220046s.jpg
縛られてご主人様に抱きしめられ、見つめているだけで感じていってしまいます。
そのままS様にご奉仕するように言われ、そしてご主人様のご命令で何度か逝ってしまいました。
P2220047s1.jpg

この縛られた状態でご主人様に抱かれ、S様に鞭で打っていただきました。
痣になって腫れた状態の上に打たれる鞭はとても痛いです。
ご主人様に抱かれていても身体が逃げ出してしまいます。
ご主人様に抱かれていなかったら、もっと回数が多かったら泣きだして許しを乞うていたかもしれません。

最後に、S様とご主人様にご満足いただけたか伺いました。
実は浣腸の後の休憩のときに、もっと自分の想いをS様に伝えなければ自己満足に終わってしまう、S様に満足いただけない、とお叱りを受けていました。
その後で自分の気持ちをきちんと伝えられたか自信はありませんでした。
ですからS様にご満足いただけたのも嬉しかったですが、ご主人様にご満足いただけたと仰って頂けて嬉しくて泣けてきました。

この日、帰ってから痣を写真に撮りました。
S様には感謝しておりますが、この痣もご主人様につけて戴いていたらもっと愛おしかったのではないかと思います。
CIMG0344s.jpg CIMG0341s.jpg
翌日の夜の痣です。随分色が変わりました。
CIMG0348s.jpg CIMG0350s.jpg


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2014⁄02⁄15(Sat)
  • 20:26

久しぶりに。。

ご命令いただいてオムツを着けたりはしておりましたが、久しぶりにご主人様に見て戴きながらご調教戴きました。
顔は鼻を吊り、ボールギャグの上から透明板を当てています。
Video call snapshot 26s
そして胸は麻紐でX字に縛り、乳首には錘付きの洗濯バサミを付けます。
Video call snapshot 29s
ラビアには錘付き洗濯バサミを左右2個ずつの計4個。。
Video call snapshot 28s

この格好で腰を振るよう命令されます。

乳首は麻ひもで縛った上から洗濯バサミを挟んでいるので、洗濯バサミの滑り止めの突起の痛さが無くて少し楽でした。
でも、紐の巻かれていない先端を挟まない自分の甘さを後から感じました。

ラビアは、流石に錘り4つは辛いです。
股縄の両側から引っ張られるので、クリトリスが突っ張って股縄に擦れる感じがします。
腰を振ると揺れる錘での痛さも加わります。

ご主人様が、そこに鞭が欲しいだろう、と仰います。
今度ご調教戴くことになっているS様がお尻に鞭跡を残したいと仰っていたのを思い出しました。
この格好で更なる痛みを受けたら。。
そう思うと心がたかぶります。
S様の調教を思って体を熱くし、ご主人様に使われる悦びを感じていきました。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。


category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2014⁄02⁄15(Sat)
  • 12:04

ご報告

遅くなりましたが、先週の土曜、日曜日のご報告です。

土曜日は雪の降る寒い日でしたが、この日はご主人様からオムツで過ごすようにとご命令いただいていました。
普段下着を許されていない私は常にお尻が寒い状態。。
オムツを着けると、ふんわり優しい暖かさが嬉しかったです。

ただそれは排尿前の話。
一度オムツに漏らしてしまうと時間の経過とともに蒸れてきます。

2回目のお漏らしのあとはさらに蒸れを感じ、重さも加わってきます。
3回目になると、そろそろ容量限界で漏れるのではないかという不安で落ち着きません^^;
この時にオムツ替えをします。
3回分お漏らしをすると、やはり容量限界の感じでずっしり重く、お尻もべたつく感じになっています。
夜お風呂に入るまでに5回、2枚のオムツにお漏らしをしました。

翌日曜日はスポーツクラブに行く予定だったので、ビニールのオムツカバーだけするようにとご命令いただきました。
家で着替え、その格好でご主人様から作るように言われていたブルマの型紙を書いていたら。。
夢中になりすぎて行く筈だったヨガの時間を過ぎてしまいこの日はスポーツクラブに行くのはやめてしまいました。

ビニールのオムツカバーをして一度行ったことがありますが、それほど汗をかいていないようでも中に水滴が溜まります。
家で着けていても、汗は溜まりませんが内側が濡れたような感じになって、外すとそれが冷えて鳥肌が立ちます^^;

このような恥かしい格好も不快感もご主人様の奴隷であるという実感で嬉しくなってしまいます。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般
  • 2014⁄02⁄02(Sun)
  • 20:16

オムツ奴隷

土曜日ははオムツを着けて過ごすようにとご主人様から命令いただいておりました。
コメントで、土日はオムツを。。というご命令を戴いたので日曜日も、ということに。
CIMG0336s.jpg
土曜日は朝起きるのが遅かったこともあり、午前中に1回、お昼ごろに1回オムツにお漏らしをしました。
午後はお昼寝が長くて^^;夕方起きてからとお風呂に入る前にお漏らしをしました。
結局この日は2枚のオムツに4回お漏らしをしました。

前回に比べて回数が少ないのは寝ていた時間が長いのと、お漏らしに少し慣れてちゃんと一度に出せるようになったからだと思います。
でもまだ立っていないと出せません^^;

日曜日は出かける予定があり、オムツ替えをすることが出来ないので、ご主人様からカバーだけをして用足しはトイレで良いと許可を戴きました。

この日はホテルのレストランで食事でした。
お高くとまって澄ました顔をしていてもスカートをめくればピンクのビニールオムツカバーです。
動くたびにビニールの感触で奴隷の身分を感じていました。


ご来訪いただいてありがとうございます。
ブログランキングに参加させていただいております。
応援いただけたら嬉しいです。
クリックお願いいたします。
category
調教日記
genre
アダルト
theme
SM全般

プロフィール

みなみ

Author:みなみ
ご主人様に心身ともに支配され、それを喜びとして幸せな日々を送っています

インフォメーション

ご来訪ありがとうございます。
完全服従を誓った雌豚奴隷みなみが、ご主人様に命じられ、身も心も晒す場所を作りました。
年を重ね、脂肪を重ねた、鑑賞には向かない恥ずかしい身体ですがご容赦下さい。
公衆雌豚奴隷として皆様のご命令をお待ちしております。

*お願い*
当ブログにはアダルトな内容が含まれます。
未成年者、不快に思われる方は閲覧をご遠慮下さいませ。
*注意*
もしも同じことを試す場合には自己責任でお願いいたします。 このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私みなみは免責されることといたします。
このブログに記載されている文章、画像を、無断で複製使用されることは固く禁じます。

カウントダウン&アップ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

1クリック募金

クリックで救える命がある。

読者アンケート

アンケート
このブログについてお尋ねしております。
今後のブログに役立てたいと思っておりますのでご協力お願いいたします。

スライドショー

♪♪♪